「人生に愛される私になる!」をテーマに、「幸せな人生」を歩みたいと望んでいる「あなた」のリボーンをお手伝いします。
VENUS CREATE
  会社案内 お問い合せ よくあるご質問
Tel 03-5326-3487 Fax 03-5326-3001
HOME プロフィール ヴィーナス・クリエイトとは ワークショップ お申し込み お客様の声 最新情報 ダイアリー
 
 

<< 「男性心理」の目次に戻る一覧表示で読む>>

男性は保守的な人が多い

女性は社会進出とともにメンタルを大きく変えていきましたけれど、やはり男性はまだまだ保守的な人が多いです。

どんなに時代になっても、なかなか男性の根本的な心理は大きくは変わりません。

これは各種データをみれば、一目瞭然(^_^;)



【はじめて彼女の部屋に行ったときチェックしたいことランキング】
(gooランキング)

1.部屋全体の雰囲気
2.部屋がどれくらい片付いているか
3.キッチン廻りが片付いているか
4.彼女の態度
5.トイレが掃除されているか
6.灰皿があるかどうか
7.洗濯物がたまっていないか
8.洗面台が片付いているかどうか
9.昔の写真(アルバム)
10.歯ブラシの本数

ちなみに、去年は2位の「部屋がどれくらい片付いているか」が一位。

男性はつきあっている女性がだらしないタイプなのかどうかというのがかなり気になるようですが、まっ、こんなのは男性のみならず女性から見てもどれもこれも想定内の結果ばかりなので、ランキングにするほどのことではないと思うのですが(^^;)

恋愛時は燃え上がっているので(笑)、相手が好きだったら細かいところが見えないですが、結婚を決意する時やその人との将来を考える時、女性は男性の仕事や年収を条件に入れる傾向がありますけど、「男性は女性が家庭をちゃんと守れて、十分にやっていける家事能力がある人かどうか」を見てます。

「ちゃんと家庭を守って維持してくれるかな?」と考えた時、だらしなかったり料理がダメダメだったら、男性としてはちょっと考えてしまいます。


実際、僕の友人男性達も同意見です。


一例ですが、知り合いの離婚歴のある男性(セレブ)に質問したことがあります。

「なんで、離婚したの?」と聞いた時、「前の奥さん(チョー美人でした)は、新婚なのに仕事に行くときに見送ってくれなかったし、自分が脱いだ靴を揃えてくれなかった。いろんな所で清潔感のベクトルが違いすぎた」と言ってました(^^;)


再婚した今の奥様は、ものすごく気遣いのできる料理上手の綺麗好き。

やはり、ただの美人は「心美人」に勝てない(^^)
http://www.venus-create.jp/mens/data1/090908-151227.html


ただ、今の時代は女性も社会で活躍する人が増えていますし、「家事を全部やらなくてはいけない!」という意味ではないですよ。当然、結婚後に共働きの場合は、パートナーと家事の分担はすべきです。我が家でもそうだし♪

ここで言いたいのは、男性は口では「分担する」って言ってても、結構、保守的な人がまだまだ多いので「彼の本音」も探っておくといいですよ〜。ということをお伝えしたかっただけなのでお間違えなく。

僕を責めないでね(笑



そうそう、最近、面白かったデータが、アエラの「結婚できる恋愛、できない恋愛」のデータ。

その中の項目で「男性の視線」というカテゴリーがあったんですが、そのなかで男性がどんだけ保守的か垣間見れるデータがあるのでご紹介しますね。


【結婚しなかった彼女の性格(マイナス面)は?】

1.独占欲が強い
2.相手の話をきかない
3.仕事に理解がない
4.グチを一方的に言う
5.人の悪口が多い
6.自分のことばかり話す

その他
・要領が悪い
・気が強すぎる
・生活環境が違いすぎた
・セックスレス
・浮気した
・ネガティブ思考
・家事ができない
・従順すぎる。



他にも、男性が依然として保守的人が多いのかが分かるデータや事例は沢山ありますけど、キリがないので今日はここまで(^^;)

いろんな調査データは、誰が何と言おうと「事実」なので、色々と参考になります。女性誌などで特集される時は、参考にしてみるのもいいかもしれませんよ(^^)




【今日の一言】
男性は依然として保守層が多数。政権交代はまだまだ先(笑



mixiで知り合った同じ年の男性が今週末に結婚します。彼に日記に貼ってあった中島みみゆきさんの「糸」という歌をご紹介。

<< 「男性心理」の目次に戻る一覧表示で読む>>

PAGE TOP
(c)VINUS CREATE ALL RIGHTS RESERVED. リンクプライバシーポリシーサイトのご利用についてサイトマップ