プラスのストローク

男性心理

プラスのストロークという言葉を知っている人が殆どだと思いますが、実際に実行している人は少ないと思います。

それは、なぜでしょう?

根底に、こんな感情があるからではないでしょうか?

「あまり仲良くもない人に、素敵なところを気軽に褒めたら、変な人と思われるかも?」
「なんか、恥ずかしい….」
「こちらからアクションを起こして、リアクションが無かったらイヤだな」

この感情で重要なのは、“相手が自分をどうみるか?”が真っ先にきていることなのです。

日本社会は、常に相手の感情や距離感を思いやる社会でした。それは、とても素晴らしい事でありますし、こうした思いやりが日本文化を作り上げてきたと言っても過言ではないでしょう。
一方、常に相手の事を考える事により、自分の素直な感情を表に出す事が出来なくなってきてしまいました。

怒りの感情など、すぐに相手に伝える事が適切で無いものもありますが、相手を賞賛する感情は、毎日、どんな時にでも、そして、どんな相手にでも伝える事で、自分にも素敵なギフトが戻ってきます。

その為には、「自分は価値ある人間であり、そして、相手も自分と同等に価値ある人間である」と心から感じられていると、相手の長所がすぐに見つかり、それを伝える事で、相手も自分自身もが幸せな気持ちになることが出来ます。

まずは、あなたのすぐ側にいる大切な人に「あなたの、◯◯がとっても素敵だと思うよ!」って、笑顔で伝えてみて下さい。
それは、同僚かもしれませんし、兄弟かもしれません、お子さんかもしれませんし、恋人かもしれません。もしかすると上司や部下だったり、幼少期に大嫌いになってしまったご両親だったりするかもしれません。

ただ、今日、少しだけ勇気をもって伝えてみて下さい。

伝えた瞬間から、あなたの大切な人と、そしてあなたの一日が素敵な一日になります。

【今日の一言】「あなたの、◯◯がとっても素敵だと思うよ!」と、笑顔で伝える

35才からのHappy Weddingを応援します。

ヴィーナスクリエイトは、35才からのHappyWeddingを応援します。

まだまだ多くの方に本当に望む幸せな結婚へ向かってほしい。そんな願いをこめてメルマガ配信(無料)をスタートしました。

工藤紀子が主宰するヴィーナス・クリエイトの「ラブマイセルフ」パーフェクトコース(プレミアム連続コース)に参加された500名のうち200名の女性がご結婚されています。結婚率は45%。そのうち8割が35才以上の女性。

皆さん、運命の人との出逢いが実現しています。「運命の人は探さない」のに、なぜ出逢えるのでしょう?

皆さまの悩みにもお答えしている、週2回のメルマガ配信です。

登録すると、バックナンバーもご覧いただけます

写真著作者: GankRawrs

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA